ドラクエウォーク

大洗マリンタワーは駅から徒歩15分【ドラクエウォークおみやげ】

「ドラクエウォーク」のご当地クエスト、茨城県のお土産スポットのひとつ「大洗マリンタワー」への行き方についての記事です。

個人的には電車を使って、駅から歩くのをおすすめします。徒歩15分くらいです。「大洗マリンタワー」自体がでかいので、まず道には迷いません。

バスはわかりにくいし、駅から15分くらいなので歩くのがいいかも

乗車1回100円の循環バスがあるのですが、「なっちゃん号(平日のみ運行)」「海遊号」と2種類あり、ルートが合計6種類あります。

ルートマップと時刻表公式ページにあります。が、ちょっと数時間だけクエスト目的で行きたいだけだったので、理解しきれませんでした。

健康に問題なければ、電車で最寄りの「大洗(おおあらい)」駅まで行って、歩くのがてっとり早いです。

鹿島臨海鉄道は1時間に2本のローカル列車で、のんびりした海辺の旅がたのしめます。

↑列車の間隔はこんな感じ。2019年11月時点での時刻表です。

6000形と8000形のディーゼル車輌が走ってます。

わたしが乗ったときも、鉄道趣味の方らしき人が、ディーゼル音を録音されていました。

たまにガルパンのラッピング列車も走っているらしいです。

↑大洗駅です。

大洗駅の改札を出ると、すぐ前に魚のオブジェがあります。その向こうのロータリーを越えた正面の道をひたすらまっすぐ行くと、大洗マリンタワーが見えてきます。

大洗マリンタワーが見えてきました。

大洗マリンタワーには近くに広い駐車場もあるのですが、第1・3日曜日は青空市が行われており、かなり混むのでおすすめしません。平日なら大丈夫なのかな?

わたしが行ったときもまんまと青空市が行われていました。そしてまた魚。

「大洗マリンタワー」の開館時間、入場料、駐車場など

大洗マリンタワー自体の開館は朝9時、閉館は季節によって違い、夏季3月~8月は21時閉館冬季9月~2月は18時閉館だそうです(公式HPより)。

近くに寄ればクエスト受注可能になるので、入館する必要はないですが。お手洗いも外(タワー裏側)にあります。

↑大洗マリンタワーの裏手に回ると、外にもお手洗いがあります。

海沿いということもあって、風がかなり寒いです。あたたかい格好でお出かけください。

大洗マリンタワーの入館料は2020年3月現在、高校生以上340円小中学生170円、小学生未満は無料。

おなじ建物にガルパン喫茶があります。こちらの営業時間は10時~18時、17時が ラストオーダー。

↑展望台にはコスプレカップルがおデートを。

1階はお土産物の売店があり、こちらは入場無料です。けっこう広いです。

徒歩10分くらいのところに「かねふく明太パーク」がある

北関東のバイク乗りにはそこそこ有名スポット、「かねふく明太パーク大洗」があります。伊集院光さんの昼のラジオでCMがめっちゃ流れていたので、興味があり寄ってみました。

明太子ひときれ、試供品を食べさせてもらえます。新鮮なためか、ちょっとびっくりするほどうまい。

明太ソフトもうまい。さすが食品工場のものだけあって、これまでたくさんのご当地ソフトを食べましたが、僭越ながら点数をつけさせていただければ98点です。かなりハイレベルにうまい。

刺さっているせんべいも、パリパリしてうまい。お土産物として売ってたので買いました。賞味期限が長いし、職場へのお土産にうってつけ。

からし明太子おにぎりも食ってしまった。

べつに回し者じゃないですが、かなりいいとこでした。ひーちゃんになるまえの氷川きよしさんもパネルでお出迎えしてくれました。

工場見学をざっくりして(といっても、明太子のパック詰めをしている人をガラスの外から眺める程度)、帰りには明太子レシピカードがお持ち帰り自由で好きなだけもらえます。こういうのいいと思う。実生活に生かせる。

連れが「海に来たからには海鮮丼が食べたい」というので、かねふく明太パークを大洗マリンタワーをはさんだ反対側のショッピングモールの食堂で食べました。

わたしはいくら丼。食いすぎた。あと、よく考えたらたぶん大洗でいくら獲れない。

ドラクエウォークおみやげご当地スポット茨城県・大洗マリンタワー:まとめ

電車で行くのがおすすめ。徒歩15分。タワーがでかいので道に迷わない。
・となりにある(といっても建物がでかいので徒歩10分)かねふく明太パークもおすすめ。
ガルパン見てから行ったほうがたのしめたかも?

以上です。北関東者には気軽な日帰り旅行にいいな~、って感じでした。

たのしかったです。いつもながら、ドラクエウォークありがとう!

ドラゴンクエストウォーク
© 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO