ドラクエウォーク

日光東照宮・陽明門【ドラクエウォークおみやげ】拝観料は1300円

「ドラクエウォーク」のご当地クエスト、栃木県のおみやげスポットである日光東照宮・陽明門(にっこうとうしょうぐう・ようめいもん)への行き方のレポです。

まる1日時間があるなら、おなじ日光駅からバスで行ける「竜頭の滝」へも同時に行ってしまうことをおすすめします。

過去記事「竜頭の滝の電波状況→道路沿いまで離れれば2本入る【ドラクエウォークお土産】栃木県ご当地クエスト

今回の記事では、陽明門にのみ行く場合のご紹介です。

ちなみにおなじ県内から行っても標高的に体感で2~3℃は寒く感じるので、上に着るものを持っていくことをおすすめします。日光、寒い日光、避暑地

日光駅からバスで4~7分、片道200円

さて日光駅には「JR日光駅」「東武線日光駅」があります。

↑JR日光駅。

↑ 駅舎を出て、左手がバスのりばです。

↑東武線日光駅。

↑駅舎を出て、道をはさんで正面にバスのりばがあります。

いずれも徒歩5分くらいしか離れておらず、たいていの場合はどちらにも同系列のバスが発着します。便利なほうの路線をご利用ください。

ただ、午前中に限り「JR日光駅」から出発せず、「東武線日光駅」のみから出発する線があります。「東武バス日光」の公式ページで事前に確認をおすすめします。

「東武線日光駅」からバスに乗り5分ほどで、陽明門のある日光東照宮の最寄りのバス停「神橋(しんきょう)」に着きます。どこ行きのバスも「神橋」には停まります。

ちなみに「神橋」より日光東照宮に近い停留所もあるにはあるのですが、混雑を避けるために不定期で路線変更されてしまうようです。とりあえず最寄りのバス停は「神橋」と覚えておいたほうが無難かと。

バス料金は片道200円。バス停「神橋」から日光東照宮までは徒歩10分。

バスを使用せずに歩いて行く場合は、徒歩40分ほどかかるそうです。コンクリートと石畳で、少し坂道があるものの比較的、歩きやすい道かと。

「神橋」から川を渡り、山道に入る

↑こちらが「神橋」です。絵葉書になりそうな橋ですね。

ちなみにこの「神橋」は、大人300円を払わないと渡ることができません。ふつうはこの写真を撮影している、車道と歩道のあるコンクリートの陸橋を渡ることになります。

↑水、めっちゃキレイっす。

駅方面から川を渡って左方面に少し行くと、山に入っていく小道があります。ここをのぼっていきましょう。

広いバス用の駐車場を右手に見て、進んでいきます。

グーグルマップで神橋から陽明門を見る

↑こんな感じのお土産物屋さんみたいな商店があったら、に曲がります。(ちなみにこの写真は右に曲がってから振り返って撮影しています)

この道をまっすぐ上がっていくと、日光東照宮の石の鳥居が見えてきます。

日光東照宮の表門で拝観料を払う

石の鳥居をくぐり、表門から先は拝観料が必要です。高校生以上1,300円。拝観時間は夏季4~10月:9時~17時、冬季11月~3月:9時~16時

日光東照宮ホームページ 拝観時間・料金

拝観料を払わずに、門を入らないところでGPSの揺らぎによってはクエスト受注可能、という話もネットで読みましたが、自分が行ったときはできませんでした

というか、人がいっぱいいて人の移動の流れがあって、その場所でスマホを見ながらじっと立っているのが、ちょっと難しい感じです。

日光東照宮ホームページ 境内案内図

小5の遠足ぶりということもあって、いさぎよく中に入りました。3猿とか眠り猫とか、肉眼で見たハズではありましたがすっかり忘れてましたし。

とはいえ基本、寺に興味はないので、写真もそんなに撮ってない。

↑これが陽明門みたいです。飾りがすごすぎて朝から晩までずっと見ていられるから、が命名の由来だそうです。

3猿と眠り猫も見ました。人が多くてちゃんとしたのが撮影できませんでした。

眠り猫は、すごく上のほうにちっさくあります。「え、これ!?」と思います。たしか小学生のころもそういう感想だったのをうっすら思い出しました。

で、クエスト受注可能ー。

リアルおみやげもゲットー。マグネットです。500円だったかな? 家の冷蔵庫に貼りました。かわいい。

避暑地グルメ・日光を見ずして結構と言うな

日光でおいしかったもの紹介です。

「東武線日光駅」向かってすぐ左、「明治の館」さんのチーズケーキ。うんま!

明治の館ケーキショップ 〒321-1406 栃木県日光市松原町4−3

写真撮れませんでしたが、金谷ホテルベーカリーのピーナツクリーム。神橋から駅へ向かう大通りの右手にあり。

これは小坂俊史 @kosaka_s 先生がTwitterで描いてたやつで、とても食べてみたかった。

パンに塗らずにももりもり食えた。こわい。

そんな感じで、今回もたのしゅうございました。

ドラクエウォーク
© 2019 ARMOR PROJECT/BIRD STUDIO/SQUARE ENIX All Rights Reserved.
© SUGIYAMA KOBO

関連記事: 「竜頭の滝の電波状況→道路沿いまで離れれば2本入る【ドラクエウォークお土産】栃木県ご当地クエスト

新婚よそじのメシ事情【カラー増量版】 (2) (バンブーコミックス)