摂食障害と病院

体重計アプリのおすすめ「Fitt」気持ちいい長期間グラフでうっとり

体重計アプリ、ほんとにいろんなものを使いました。

一時期は、ウォーキングアプリの「aruku&」を愛用していたのですが、アップデートで表示形式が変わってしまい、年間グラフが見れなくなったので乗り換えました。

現在のイチオシは「Fitt」です。最高5年間のグラフデータが1画面で見られます。

大幅な減量をしたい人にとってはこのグラフ形式がいちばん適していると思います。期間も目標体重も自由に変えられるので快適です。

ちなみにわたしは20代のころに食べないダイエットで30kgやせる→リバウンド、を3回くり返し、最終的に126kgにもなってしまった45歳女性です。既婚で子なし、フルタイム会社員です。

現在は摂食障害外来に通いつつ、バターコーヒーで減量中です。106kgまで落ちました。

ちなみにバターコーヒーについてくわしく紹介してある本はこちら↓

「シリコンバレー式 自分を変える最強の食事」デイヴ・アスプリー (著)

バターコーヒーを実践して、長かった停滞期を抜けたことについて書いた過去記事はこちらです。「バターコーヒーは1日2杯までOK、だが気持ち悪くなるかも」よければご参考までに。

みなさんもいい感じに減っていくグラフを眺めてうっとりしましょう!(笑)

Fittのいいところ1:入力がめんどくない

100kg超だと体脂肪率って日ごとにかなり変動してあんまりアテになりません。ので、わたしは体重だけメモりたい。

Fittは入力したい項目が自分で選べる。選んでいない項目は、入力欄自体が表示されません。とてもスッキリ。

体重のほかに、入力したければ「体重(2回目)」「体脂肪率」「摂取カロリー」「筋肉量」「スタンプ(筋トレ、ご飯、トイレ、お酒、有酸素運動など5種)」「メモ」などが入力できます。

余計な入力欄があるとわたしは「やっぱ体脂肪率とか測ったほうがいいのかなー」と落ち込んでくるので、表示されないってのはストレスがなくていいです。

あと地味だけど個人的にものすごくありがたいのが、数字の入力方法。めんどいやつだとドロップダウン式でコロコロやって数字をえらぶ形式とかあるけど、直接数字を打ち込むだけでいい。

しかも優秀なことに、「1076」と打ては勝手に「107.6」kgと認識してくれる

毎日のことなので、(あと寝起きの眠いときに入力することが多いこともあり)これとてもありがたいです。

10.76kgとか、1076kgとか「そんなわけねーだろっ」てな数値にされて、グラフがいきなりビョイーンと変なふうに伸びる。みたいなことを防いでくれます。

ほかのアプリではけっこうよくあることなので、そのストレスがないのはありがたい。

Fittのいいところ2:グラフが自由自在

最大5年間のグラフを1画面で見られる。1画面ってところが大事です。

スクロールして何年ものデータを見られるアプリもあるけど、スクロールじゃ視界から消えちゃうから、イマイチ差がピンとこないんですよね。

5年間のほかに、2年、1年、半年、3か月、2か月、45日、1か月、2週間、1週間、とそれぞれの期間のグラフを即座に切り替えられます。

また、「目標体重」を調整することで、グラフの角度(急さ)も制御可能。気持ちいい感じの角度を設定できます。「へってる感」を味わうのに最適!

わたしはふだんは「1か月」のグラフを見てうっとりしているのですが、たまに「5年」のグラフに切り替えて、「あぁ~、4年前はこんなに少なかったのね……」と自分をはげますのにも使っています。

少なかったときもあるのだから、またおなじくらい少なくなれる!! 的な感じで。

1か月のグラフ
5年のグラフ

Fittのいいところ3:ほかのアプリから移行しやすい

Fittはカレンダー形式での表示もできます。

体重計アプリって移り変わりもあるというか、これまでド定番として使ってきたものもそれこそアプデで形式が変わったり、サービス終了したりしますよね。

そういう場合はわたしは月の平均値を毎月15日の分として入力して、ざっくりのグラフをつくることにしています。

カレンダー形式だとこの入力がしやすいのです。ほかのアプリからの移行がわりとラクでした。

(月ごとにページめくりして入力ができるため。日付ことにスクロールさせていくとなると、けっこう大変)

Fittをほかのアプリへ移行するのも、月平均値は出てきませんが方式を変えればなんなくできる感じ。

たとえばグラフの山と谷のところをタップすると日付と体重の数値が出るので、それを書き写していけばいいかと。

体重計アプリで長期間のグラフをつけるならFittがおすすめな件:まとめ

Fittのいいとこ
1、めんどくない
2、グラフの見方を変えられる
3、アプリの移行もしやすい

体重計に乗るだけでスマホにピピッとデータ送信、という機種もあるみたいですが、お値段がやはり段違いなわけで。

だいたいこれまで体重計って5年くらいで壊れてきたので、データ通信できる体重計がだいたい2万円、できないのが5000円と考えると、ちょっとしばらくはハイテクじゃなくていいかな~、とりあえずは。と思っちゃいますね。

そんなところです。

いつか一般的な体重になって、筋肉量とかも気になるようになったら体組成計にもチャレンジしてみたいです。

とりあえず、トレーニングマシンに乗れる重みになりてぇ~。

では!