GIMP

GIMP2.10のツールバーが使いにくいのを→2.8の全部表示に戻す方法

GIMP2.8から2.10にバージョンアップさせたら、ツールバーがグループ化されてしまって個人的に使いにくくなってしまいました。

クリックがワンステップふえてめんどくさすぎ、GIMP自体を使わなくなってきてしまったので解決策を調べました。

GIMP2.8のときのようにツールバーを個別で表示させる方法を図解します。

GIMP2.10のめんどくささとは:ツールバーのグループ表示

↓こんな感じで、矩形選択と楕円洗濯がひとつのアイコンにまとめられてしまい、いったんポイントしないとどっちか選べないのです。

ワンクリックで選びたい

あと、おなじ選択でもワンド(ファジー選択)はどこなの? 色域選択は?? とか、どのグループに入っているのかわかりにくいツールも多々あり。

編集→設定→ツールボックス→ユーズツールボックスの「×」を外して「OK」

これらのグループ化を解除するには、まず上のメインメニューの「編集」を押し、開いた窓の下の方の「設定」を押します。

新しいウインドウが開くので、左側の「ツールボックス」を押します。

真ん中あたりの「Use tool grpups」のアタマにある「×」を押して解除(「×」→「 」バツを消して空欄にする)し、下の「OK」を押します。

すると、ツールバーのグループ化が解除され、ツールが1つ1つ表示されるようになります。

最初1行で表示させると、びろーんて果てしなく縦長になってしまいます。

ツールバーの右端にカーソルを合わせて右方向にひっぱり、2列表示とかにするとよさげです。

(もともと2列だった人は2列、3列だった人は3列表示にすると、アイコンが変わってても位置でなんのツールかわかりやすいです)

2列以上にすれば、デフォルトの配置にしてれば描画色・背景色のウインドウも見れるので便利です。

GIMP2.10のツールバーが使いにくいのを→2.8の全部表示に戻す方法:まとめ

GIMPはわたしは使いなれていますし、クリップスタジオでできないことも多々あるので、もとに戻せてよかったです。

個人的に重要な、GIMPにできてクリスタにできないことは以下の2点。

  • 文字のカーニング(1文字ずつ字間を調整したい)
  • 拡大・縮小するとき、何ピクセルか見て調整したい

上手に両方とも使っていきたいです。

ちなみにクリップスタジオを最安値で入手する方法はこちら!↓

過去記事『クリスタは買い切り版があるうちに買っておいたほうが絶対にいい話

今回は以上です。ご参考になれば!