漫画家のなり方

編集者のアドバイスは自分に合ったものを取り入れないとムダに悩む

前回「コマ割りが思いつかない場合のコツー適当に6分割で大丈夫」という記事を書いたんですが、編集者が書いたツイッターのまとめ記事みたいなので、「コマ割りはメリハリをつけよう!」みたいなのがあったので、ちょっと補足しようと思います。

基本的に私が書いた↑の記事は、「コマ割り自体がむつかしい」初心者さん向けで、「コマ割りはふつうにできる。デビュー以後、編集者がついて連載をねらっている」くらいの人に対しては、「コマ割りはメリハリをつけよう!」というアドバイスも必要になってきます。

なので、まあ現代はなんでもネットで見られる時代ですが、「自分のいまの状況に合ったアドバイスを選ぶ」のも、必要なスキルになってきますな。と感じました。

編集者のアドバイスが「自分に向けた」ものじゃないときは、自分の状況に合うか考えて取り入れてね

漫画家としての創作力によってもちがう

「ストーリーをコマ割りに落とし込めない」、「コマ割りするのにウンウンうなるほど悩む」ってな段階では、メリハリなんか意識してもしょーがないです。前に進めない。

とりあえず最後までコマ割りしてから「このコマは目立たせたいから大きくしよう!」とか、「ここで場面転換するから背景のちっこいコマ入れよう!」とかで、微調整するのがよかとです。

編集者からの視点だと「コマ割りにメリハリを」ってアドバイスになるんだと思いますが、漫画を実際に描いてるほうの実感からすると、逆なんです。

「コマ割りにメリハリを」という視点じゃなく、「カメラワークを『驚いた人物の顔のどアップ』や、『状況説明のために背景の全景を入れ込む』」ということをやっていると、結果的に「コマ割りにメリハリ」が出てきます

学校帰りに会話しているシーンで顔のドアップばかりなのに、コマ割りにメリハリつけても意味ないですよね。

で、そういう会話がメインで進むストーリーなんだったら、コマ割りにメリハリは【いらない】です。断言します。

コマ割りにメリハリのない大人気ご長寿マンガなんて山ほどあります。こち亀とか。

読者の対象年齢によってもちがう

んで、対象年齢によってもコマ割りのメリハリの重要度はちがってきます。

小学校低年齢むけの漫画では、コマ割りのメリハリはほぼ必要ありません。読んでるほうの理解が追いつかないです。ドラえもんみたいなコマ割りが無難です。

小学校高学年~高校生くらい向けだと、ハデなコマ割りが好まれます。戦闘シーンとか、王子様がヘリコプターで花束を抱えてやってくるシーンなど、どんどん変則的なコマ割りを。

大人向けだと、会話をじっくり読んでくれる耐性が読者についてくるので、これまた地味なコマ割りでも大丈夫になってきます。

また、漫画を読むこと自体が億劫になってくる世代でもあるので、その意味でも無難なコマ割りが好まれます。

余談ですが、読者が社会人になってくると、4コマ好きがふえてきます。

中高生にとって4コマってたいくつだけど、社会人だと適度な分量で1区切りして、いつでもやめられて&読み進められて、「つづき」にそこまでドキドキハラハラしないほうがいいのです。

ジャンルによってもちがう

ギャグ漫画は、基本的にコマ数をたくさんページに詰め込む伝統がある。

ヒーローもの、格闘ものはコマ割りのメリハリは演出上、必要です。ドラマチック系な少女漫画も必要。

日常ほのぼの漫画はあまり不必要。日常ほのぼの+ギャグなら、むしろ必要。

働いている大人女子の恋愛ものは、さほど不必要。恋心の余韻みたいな演出で、1/2ページ大の風景シーンとかは必要。

いずれにせよ必要があってそうなっているので、「演出技術としてのコマ割り」はあるにせよ、副次的なものです。

編集者からのアドバイスは裏(真意)を読んだほうがいい

んで先日「漫画の「絵柄が古い」=自分の絵柄がない、なので研鑽しましょう」という記事も書きまして、ついでに「漫画 絵柄 古い」でぐぐっていたら衝撃的なtogetterまとめを見つけまして。

別マガ班長 『「絵柄が古い。変えたほうがいいかも」ということ、よく聞きますね。』

こちらで語っておられる「班ちょ@新人漫画賞「GATE」班長」@betsumaga さんという方は「週刊モーニング(木曜発売)、月刊モーニング・ツー(22日発売)の編集者」さんということです。

引用します。

「絵がちょっと古いかも」という言葉、意外なことに(僕は)「絵柄が古い」ときに使っていませんでした。いやあ、びっくりしました。でも、そうでした。★ここで確認。「絵が古い」ということは、事実として「ある」とは思います。人間が変わっていくわけですから、人間を描く漫画も変わります。— 班ちょ@新人漫画賞「GATE」班長 (@betsumaga) November 16, 2012

“「絵がちょっと古いかも」という言葉、意外なことに(僕は)「絵柄が古い」ときに使っていませんでした。いやあ、びっくりしました。でも、そうでした。★ここで確認。「絵が古い」ということは、事実として「ある」とは思います。人間が変わっていくわけですから、人間を描く漫画も変わります。”

絵が古いと言うとき。1)「絵が古いのではなく人間が古い」。先ほどの時代の変化の話の延長かもしれません。描いている絵自体は、古くもなく新しくもない。ただ、そこで描かれているキャラの造形、しぐさ、言葉、反応、などなどが時代遅れなだけなのに「絵そのものが古い」と言ってしまうケースです。— 班ちょ@新人漫画賞「GATE」班長 (@betsumaga) November 16, 2012

“絵が古いと言うとき。1)「絵が古いのではなく人間が古い」。先ほどの時代の変化の話の延長かもしれません。描いている絵自体は、古くもなく新しくもない。ただ、そこで描かれているキャラの造形、しぐさ、言葉、反応、などなどが時代遅れなだけなのに「絵そのものが古い」と言ってしまうケースです。”

2)「実は絵が古いわけではなく、絵の力(表現力、画力)を上げてほしいだけ」。これも、絵が古いって自分が言ったときのことをつらつら考えていて思い当たったのですが、単に「絵が下手やからもっと練習しよう」という意味なときもありました。すみませんでした!— 班ちょ@新人漫画賞「GATE」班長 (@betsumaga) November 16, 2012

“2)「実は絵が古いわけではなく、絵の力(表現力、画力)を上げてほしいだけ」。これも、絵が古いって自分が言ったときのことをつらつら考えていて思い当たったのですが、単に「絵が下手やからもっと練習しよう」という意味なときもありました。すみませんでした!”

これですね。つまり編集者から「絵柄が古い」と言われた場合、「流行の絵柄にしなければ」と最新の話題作に絵を似せる必要はないわけです。というのが裏付けられました。

(わたしのブログ記事「漫画の「絵柄が古い」=自分の絵柄がない、なので研鑽しましょう」でも同様のことが語られています)

編集者からのアドバイスは、頭から言葉をそのままうのみにせずに、「どうしてこの人はこう言ったのか? わたしにどうなってほしいのか?」という根本的な部分を、冷静に深掘りして考えたほうがいいかもです。

まあ、漫画家志望でガツガツぐるぐるしている時期は、むつかしいことなのだとは思いますが。

編集からのアドバイスは真剣に聞きすぎない

漫画家志望者にとって編集者は、「とにかくこの人に気に入られる作品を描かなければデビューできない!」という存在です。関門です。壁です。

そのため、担当編集の意見に合わせすぎて、漫画を描くことがイヤになってしまう志望者も、ものすごく多い。

編集さんの意見は意見として聞き、取り入れられるところは取り入れて、さらにその上をいく「自分の漫画」を独自に描いていく。くらいのスタンスでいないと、デビューしてからもヘコヘコしちゃってツライです。

デビューしたからには「カンケーねー。こっちが上だ」くらいの意識でいたほうがいいです。それがご恩返しです。

で、実際「こっちが上」ってくらいに、売れましょうぞ。

まあ、わたしも「雑誌で描くプロ漫画家」ではなくなって、やっとこんなふうに自由に物事が言えるようになってるんですけどね。むつかしいですよね。しがらみ。気をつかいますよね。

気をつかわねーでいたら「漫画家は常識がない」とか言われるしね。

常識あったら漫画家なんか目指さねーよ。って感じです。

そんな感じで、お気を強く持って創作活動なさってくださいまし。

今回はそんな感じです。自由にいこうぜ。では。