摂食障害と食べ物

マッスルデリ減量用LEANリーンを4か月続けて-9.4kgになったレポ

9月1日から宅配食材「マッスルデリ」を平日の夕食にのみ利用しはじめて、4か月たちましたので結果をレポします。

4か月で-9.4kg。112.6kg→103.2kgになりました。もともとの体重が重いので減りやすいというのはお含みおきください。

ちな女性150cm/40代後半です。

4か月めは正直ちょっと停滞期ぎみでしたが、毎年、冬はこんなもんです。

個人的に「停滞期は定着期」、と思うことにしています。体重が以前よりも低めになったことに身体が慣れる時期

この時期にあせって食べる量や種類を削りまくると、結果的にリバウンド方向に行きます(経験済)。ので、気にしないが吉。

冷凍庫問題→夫が協力的になってくれた

↑ベスト・オブ・好きメニューのひとつ「鶏ハムとナポリタンセット」。鶏ハムしっとり。

冷凍で届く「マッスルデリ」。減量用LEANのなかでも5食セット10食セットがありますが、わたしは5食セットを週1でたのんでいます。

週2日くらいは夫と外食する可能性があるためです。このようなバッファをかませておいたほうが長期的には結局、つづけやすいです。

食事療法ってやはり、家族の協力は地味に欠かせません。協力とは言わないまでも、「反対されない」ってとても重大かもです。

夫的にも「無理はしてないんだな」「のわりに結果も出ているな」というのが早い段階でわかってくれたので、冷凍庫のスペース確保にも協力的です。

5食セットなら一人暮らし用の小さめな冷凍庫でも入りきると思いますが、たまたま冷凍庫がたくさん入っている時は、すぐ使わない自分の冷凍エダマメとかを2階の個人の冷凍庫に移してくれたりもします。

冷凍庫のスペースでケンカせずに済んでおり、地味にやりやすいです。家族が協力してくれやすいシステムはありがたいです。

正月などの保存食としても助かる

↑↑ベスト・オブ・好きメニューのひとつ「タンドリーチキンセット」。たんなるカレー味じゃない、スパイスの深み。

うちは田舎なので、お正月は近所のスーパーが三が日はお休みです。

買い置きしなければ、とも思いましたが「マッスルデリ」が冷凍庫にあるなー、と思うだけで安心です。

夫婦2人だけの家族なので、ちゃんとしたお正月のお料理などはどちらかが気が向かなければしません。

病気になったときなども、ヘタにインスタントでやり過ごすよりはレンチンだけでOKの「マッスルデリ」のほうが安心です。

今年のお正月は前もっていっぱい買いだめしなきゃ、というプレッシャーがなかったです。助かりました。

「マッスルデリ」減量用LEANリーン、続投予定です

↑タンドリーチキンセット中身。

そんな感じで、今後も同様に「マッスルデリ」。減量用LEANを継続予定です。

会社を退職してフリーランスになったので、お昼の分はスーパーのお惣菜からじょじょに自炊に寄せていければな、と思っております。

最終的には夕食も自炊のほうがいいんでしょうけれども、手間との兼ね合いを考えるとお昼(炭水化物ナシ)くらいまでが現実的ですかね。

といまのところ思ってます。

では健康な1年を!

過去記事