漫画家のお金

会社辞めたあとの住民税・年金・社会保険料は計いくらかかるか/1年で

会社員でいたときには給料から天引きされていた住民税年金社会保険料

フリーランス(個人事業主)として独立する前提で会社を退職した場合、1年で合計いくらくらいかかるのでしょうか?

そして請求のくるタイミングはいつか?

ちょうど会社を退職して1年ほどたったのでまとめます。

※扶養に入る場合は別です。

※※住民税、国民健康保険料は前年の年収や年齢、お住まいの自治体によっても金額が違います。あくまで目安として参考にしてください。

1年の合計65.5万円/月5.5万円(40歳以上・年収300万以内の場合)

ざっくり計算したら年に65.5万円、月に5.5万円を支払っていました。けっこうな金額ですね。

会社員だったときの収入によっても違いますし、国民健康保険などは年齢・地域によっても違います(40歳以上は介護分が上乗せされます)。

わたしの場合は「額面給与」から「手取り」を引いた金額より1万円くらい多い感じでした。

健康保険料と厚生年金については会社が負担してくれます。また会社員でなくなったことにより、厚生年金、雇用保険などは支払わなくてよくなります。これらがプラス・マイナスされます。

会社からの給与で暮らしていた時期には意識にのぼらなかった金額ですが、これを無視して生活設計してしまうとダメージ大です。

(ちなみに国や地方自治体に払うべきお金なので、踏み倒したりはできません。まっとうに暮らしている限りは情報はつつぬけで、いつまででも請求されますし悪質な場合、差し押さえなどもあり得ます)

ちゃんと支払期限内に払ったほうが得策です。というかそうするしかないです。

年金:約20万

「国民年金」として支払う額は年齢にかかわらず一律です。

※ただし金額は毎年度見直しが行われるそうです

令和3年度(令和3年4月~令和4年3月まで)は月額16,610円1年で199,320円、約20万円ですね。

4月初旬に1年度分の支払い用紙が送られてきます。

会社を辞めた場合、有給消化後の正式な退職日から1か月後くらいに会社から送られてくる書類をお住まいの市区町村の役所に提出し、以下の手続きをします。

(窓口の人に紙を見せればくわしく教えてくれます)

  • 厚生年金→国民年金
  • 健康保険→国民健康保険

わたしの場合は11月末が退職日。11月分は支払い済だったようで、手続きの1か月後くらいに残りの12月~翌3月分の支払い用紙が届きました。

参照:日本年金機構「Q.国民年金の保険料はいくらですか。」

年金は1年分まとめて払うと3,000円程度、割引価格になります。

当時は貯金もあったし「どうせ払うんだから」と一括で払いました。が、ちょっとこれは失敗したかなと感じました。

フリーランス1年めはとにかく手元に現金がないと不安になります。

何年も暮らせるほどたっぷり貯金がない限り、ひと月ごとに支払うのを個人的にはおすすめします。

ちなみに月ごとの支払期限は対象月の翌月末日です。

住民税:約14.5万(給与額面25万+ボーナス2月分の場合)

住民税は前年の所得に応じて金額が変わります。

住民税はちょっと特殊で、1~12月までの所得に対し税率が計算され、6月に請求が来ます

わたしの場合、11月末の退職でしたので、前年の住民税の残り(未払い)分が、役場での手続きの1か月後くらいに 支払い用紙 として届きました。

住民税の請求は毎月というわけではなく、6月から1月のあいだに4期分を支払います。

  • 1期分:支払期限……6月30日
  • 2期分:支払期限……8月31日
  • 3期分:支払期限……11月1日
  • 4期分:支払期限……(翌年)1月31日

会社員の場合、6月に確定された金額を1年を通して均等割し、月ごとに給与から天引きされていることが多いようです。

わたしの場合も給与明細を見ると、6~11月の6か月分は支払い済(月1万2,100円)。

残りの6か月分を、4期分の支払期限である翌年1月31日までに全額支払う形で支払い用紙が来ました。

1万2,100×6か月=7万2,600円になりました。時間差がある分おおきい金額になりがちですね。

ちなみに住民税は1年分を一括で支払っても割引はしてくれないみたいです。

くわしい金額は、計算方法が複雑なので、ひとつの目安としてご参考にしてください。

→ざっくりいうと住民税の税率は課税所得の10%です。課税所得とは所得から各種控除を引いた金額です。人によって違います。

会社員としてみっちり1年間、働いた場合の金額わたしの場合14.5万でした。11月末で辞めた年の住民税は、ひと月分の給与とボーナス1回分(=ひと月分でした)がなかったので11万円です。

国民健康保険:31万円(40歳以上/介護分含) ★市区町村で違う!!

会社をやめると「健康保険」から「国民健康保険」に切り替えになります。名前が似ていますが別物です。

国民健康保険は世帯ごとに計算されます。加入者の人数、年齢、前年の所得をもとに計算。計算方法は市区町村によって違います

請求書は世帯主あてに来ます。扶養に入っていなくても世帯主あてです。

支払い義務も世帯主にあります。が自分が世帯主ではない場合、親や配偶者に払わせると「お勤めに行け」と言われそうなのでご自分で払ったほうが無難です。

支払期限も市区町村ごとに違い、4月~翌3月分を8期~10期くらいに分けて払うところが多いようです。

わたしの町の場合は、8期に分けて支払う方式でした。

  • 1期分:支払期限……8月2日
  • 2期分:支払期限……8月31日
  • 3期分:支払期限……9月30日
  • 4期分:支払期限……11月1日
  • 5期分:支払期限……11月30日
  • 6期分:支払期限……12月27日
  • 7期分:支払期限……(翌年)1月31日
  • 8期分:支払期限……(翌年)2月28日

1期だけが多くて42,700円、2~8期は38,000円。合計308,700円でした。

ご自分の国民健康保険料を調べるのには、「○○(お住まいの市区町村名) 国民健康保険 料金」で検索するとたいていの市区町村のWEBページに計算表が掲載されています。

ちなみに「国民健康保険 ランキング」とかで検索してみた結果、うちの市区町村はお安めなほうでした。

会社辞めたあとの住民税・年金・社会保険料は計いくらかかるか/1年で:まとめ

  • わたしの場合は年65.5万月平均5.5万ほどかかりました
  • 支払期限がまちまちなのでいっぺんに8万支払うことになる月もあった
  • 数年分の生活費が貯金してない場合は「年まとめ払い」はおすすめしない
  • 「国民健康保険」は市区町村によってかなり違う/要検索!
  • 会社員時代の生活費にプラスして出ていく金額はけっこうでかい!

以上のような感じです。

こう考えていくとそうそう会社をやめたりできない気分になるかもしれませんが、すでに副業などで稼ぐ経験がある方の場合、ガンガン稼ぐと決心していればそう心配ないかと思われます。

病気や事故のために働けなくなったときのため、1~2年くらいは生活できるだけの貯金は必要です。

が、会社を辞めるにもタイミングや心の踏ん切りが必要だったりもするので、「ここだ」と思える時が来たら踏み出すのもアリなんじゃないでしょうか。

ちなみに自分は払込用紙をなくしたり払い忘れたりしないため、机のすぐ横の壁に貼っています。

どなたかのご参考になればさいわいです。

関連記事

会社を辞める前に読むべき『フリーランス税本』退職後ドカッと徴税!

クリスタは買い切り版があるうちに買っておいたほうが絶対にいい話