漫画家のなり方

【退職】色紙の寄せ書きイラストの描き方【漫画家志望者のつとめ】

近年アナログで絵を描きなれていない方も多いそうで。

こないだ職場で、退職者への寄せ書きの色紙イラストを描いた際、オタ後輩が描き方をまったく知らないぽかったので、いにしえの作法をここに書き記しのこしておきます。テキトウに。

かくいうわたくしは、プロ漫画家として13年生活し、経済的に破綻しまして現在は会社員のネコム(@necom_anarchy)です。

ちなみにわたしは会社に元漫画家バレはしていないですが、これから漫画家を目指したいというかたは、ぜひ何かのスキを見つけてはイラストを描く機会を積極的にゲットしてください。

積極的に描こうと思わない人の似顔絵って、けっこうキャラ造形の勉強になります。

色紙は12×12センチの手のひらサイズのでいいかも

イラストあんまり大きく描くのもたいへんなんで、ミニ色紙でいいと思います。

定年退職される方へ贈るもので、寄せ書きをする人数が多そうなら大きいふつうサイズの色紙のがいいかも。

寿退社される女性へ贈る場合は、引っ越しなどされる可能性もみて、小さい色紙をおすすめします。

【用意するもの】
・色紙
・HBのシャーペン
・消しゴム
・ミリペン(水性の耐水性ペン。サインペンでも可)
・色鉛筆(12色あれば充分)

【あればなおよし】
・ねりけし
・ミスノンとつまようじ
・細かいとこ消す細い消しゴム

まずなんか文字を入れる場所とか考えて、だいたい位置を決めます。

最初テキトウに下描きしてたら、下はなんか余るし、上に文字入らないっぽいし、描き直しました。レイアウト大事。

色紙のイラストは、その人の趣味とか入れてあげよう

スキあらばキャラづけのお勉強をします。

イラストに描く相手の好きなものや趣味のものを、手に持たせてあげます。絵に変化もでるし、わりとよろこばれます。

このイラストはじつは夫がモデルなのですが、マラソン大会に出るのが趣味なので、メダルを手に持たせました。

色紙は紙の表面がはがれやすい

下書きして、ペン入れします。下描きはうすく、消しゴムかけはそーっとします。

ねりけしでなでるように消すと安心です。

プロっぽい小技:ミスノンでホワイト

ミスノンではみだした線を消すと、プロっぽい仕上がり。

アナログ漫画原稿では極細の面相筆を使いますが、このていどの修正ならめんどっちーのでつまようじで代用します。

修正した部分は、まったく色鉛筆がのらないわけでもなく、ちょっと色はつきます。

色塗り

ペンの線をあまりこすらないように、色鉛筆で塗ります。

背景は、今回はデモ描画だったのでつい塗りすぎましたが、寄せ書きの入りづらい狭いスペース(両腕の脇あたり)だけ塗ればよかったかもです。

顔の両脇あたりには寄せ書きが入りますね。あと、頭の上には「〇〇さんおつかれさまです、お元気で」とかそんなメッセージをイラスト風に書き文字する想定です。

向き不向き

寄せ書きを贈られる人が、自撮りとかお好きなタイプなら、このような「中央に本人の似顔絵ドーン」でよいと思いますが、ご本人があまり写真を撮られるのが好きじゃないタイプの場合。

ご本人の似顔絵イラストを描くよりも、「職場のみんな」の集合写真的なイラストのほうが印象がいいようです。

よければ参考にしてください。よろこんでいただけるといいですね。

では今回はこれにて!