太め女性の婚活戦略

太め体型女性が結婚相手を探すなら婚活SNSに活路あり

こんにちは。結婚6年目、体重120kg台のネコム(@necom_anarchy)です。

太め女性の婚活について、体験談からおすすめの方法をご紹介しています。

今回の記事は、わたしが実際に結婚した「婚活SNS」について説明します。太め女性にはベストな方法と思います。

ちなみにe-お見合いというところに登録してました。登録自体は無料です。

日記やプロフィールを見て、気になった人にメールを送ります。メールの初回は、男性3,240円、女性2,160円(どちらも税込)がかかります。

いずれも、申し込む側のみが支払うシステム。

わたしは自分からは申し込みしなかったので、かかったお金は0円でした。

登録してから5か月後に入籍しました。スピード婚すね。

婚活SNSだと、こちらが太め体型なのはひと目でわかる

「お申し込みが来た=この体型でOK」な相手、ということ

まず婚活SNSに登録して、自分の写真もプロフィールに掲載しましょう。話はそれからだ。

「知り合いにバレるかもしれない」と心配になるかもですが、その写真が見れたということはその人も婚活SNSに入会しているわけで、まあまず、そっとしておいてくれることが多いです。

日記を書いてみよう

プロフィールを書き込んだら、「日記」機能をつかってみましょう。

3日~週1くらいのペースで、愚痴っぽくなく、あまり長文でない内容を更新していきましょう。

日記を毎日書かないほうがいい理由は、ヒマそうに思われるから。

長文すぎないほうがいい理由は、長文だと”思い込みがはげしく執念深い”印象を与える場合があるから。あと、自分の趣味のことを語りはじめて長文になると、やっぱりなんかヤバイ人な印象だからです。

あくまでも、自分をさらけだしすぎないで「自分が女の子をお嫁さんにするとしたら、こんな感じの子がいいな~」と思える範囲にとどめましょう。

(嘘をつけと言っているわけではないです。自分の気持ちの中で、人にさらしても好印象だと思える部分だけをまず、出すということ。本音を出すのは親しくなってから!)

自分からあまりほかの男性の日記などに「イイネ」を押さないほうがいいです。男性から「イイネ」された場合は、相手が好みに合う感じだった場合のみ、返礼の「イイネ」をします。

まったくタイプじゃない男性にまで返礼の「イイネ」をしていると、相手がその気になってしまい、自分も相手も時間をムダにします

女性側はお申込みのメッセージがたくさん来ます

とりあえず女性が新規入会すると、バーッと何通もメッセージが来ます。

定型文のみで申し込みをしてくる男性は、全員にメッセージを送っている場合が多いので、相手にしなくて大丈夫です。というか、会話のとっかかりがないので、返事のしようがないですし。

プロフィールや日記の内容を読んでくれたんだな、って感じのお申込みの中から、相手のプロフィールや日記も見にいって、「この人は気になるなぁ」という相手に返事を出します。

そういう男性は少なくともあなたの日記と写真を見て、「この人格と、この体型でいい」と思ってくれたということですから、安心してやりとりができます

実際に会うことになってもすでに写真を出しているので、そうそう落差にガッカリされるということがありません

『ルールズ』を参考に、メッセージ交換は1日1回ていどで

決まったお相手とメッセージのやりとりを始めた場合。

日記はいままでどおりのペースで更新し、個別のメッセージのやりとりは、「仕事が終わって帰ってきて、夕食をすませたいこいの時間」的な時間帯に、1日1通をめやすに送りましょう。

もちろん、それより少なくてもいいです。

1つだけ気にしたいのは、「相手に返事をしていない状態で、日記を更新する」こと。

これはネットのやりとりとしては失礼な行為ですし、相手は「嫌われたかも」と強烈に悪く受けとる可能性があるので、さけましょう。

(ネットにくわしい相手なら、日記の更新時間まで気にして見ています)

基本的に、「お仕事おつかれさまです^^」&その日にあったたわいのないこと、的なメッセージでいいと思います。

メッセージの中で、相手の仕事や生活時間、食べているものなど、少しずつたずねてみましょう。たのしい時期です。

「子供が欲しいか?」とか、「専業主婦になってもいいか?」とか突っ込んだことを訊くのは、会って正式におつきあいをする段階になってから、がいいです。

冷められる危険があります。

婚活なのですし、勇気を出して早めに会ってみよう

メッセージ3往復くらいが勝負

メッセージを3往復くらいすると、男性のほうから「会いませんか?」と言ってくると思います。

言ってこない場合、相手がなにかひっかかることがある場合が多く、その相手にあまり期待してもいい結果が得られない可能性が高いです。

その場合はあまり固執しすぎずに、ゆるゆるメッセージを続けて、ほかの人にも目を向けてみましょう。

会う提案をされたら、婚活SNSなことですし、サックリ会ってみます。会わないと始まらないです。

以前の記事「婚活中の太め体型女子よ立て! オフ会で人に会う練習だ!」を参考にしていただけたら、初対面の夫候補の男性に会うことに、それほど構えないでよくなっているハズです。

くわえて婚活パーティなどに何度か行ったことがあったら、さらに最強ですね。

太め女性専門の婚活パーティというのもあります。どんな雰囲気か気になるかたは、「太め体型の女性限定! お見合い婚活パーティ【体験レポ】」を読んでみてください。

さて、わたしが登録していた婚活SNS(e-お見合い)では、都道府県ごとに主催者側の指定した会場で、正式にお見合いをすることができます。

プロのスタッフが同席してくれるので、危険はないかと。

その後、もし2人きりでデートをする場合など、以下のことに気をつけてください。

・車には乗らない
・カラオケボックスや映画館には入らない
・街中のレストランなどひと目がある場所で会う

いくら身元がしっかりした婚活SNSとはいえ、初対面の男性です。何かあったら遅いです。

会ってるときは、相手をたのしませよう!

女性はとくに、「相手にたのしませてもらう側」だという考え方が、世間一般的だったりします。

婚活で会っているなら、相手が自分の結婚相手にとって適しているか? いろいろ具体的なことが気になって、ガツガツ質問攻めにしてしまったり。

でも、相手も不安なんです

わたしも男性と婚活デートを何度かしていて、相手の手がふるえていたり、緊張して飲み物をぶちまけてしまったり

そんなようすを何度か見たので、やっぱり、「女だから」って思わずに、相手にやさしくしてあげてください。

太めで、相手にどう思われるかとっても不安に思う気持ちがわかるからこそ、そういう男性のようすに気づいて、フォローしてあげられる

それがわたしたちの強みだと思います。

手前味噌ですが、わたしの実体験

夫とは婚活SNS(e-お見合い)で出会いまして、上記のようなメッセージのやりとりを経て、お見合いし、2人きりでのデートまでこぎつけました。

田舎なので、ファミレスで会ったのですね。

で、田舎の人ってあまり外食しません。男性だと会社の飲み会でくらいしか、外の飲食店をつかわないらしいです。ファミレス、どうも入ったことなかったらしいんですね。

で、店員さんに飲み物を注文するときに「コーラ」と言って、店員さんは「ドリンクバーでよろしいですか?」と返した。

とっさに「ドリンクバー」が何かわからなかったらしい(のちの)夫は、「??」となって、戸惑っている。

なので、わたしが店員さんに「ドリンクバー2つで」と言って、店員さんがコップを持ってきてくれたら、自分の飲み物と「コーラ」を入れてきて(のちの)夫にさし出した。

と、そこまでしたら(のちの)夫は、ドリンクバーのシステムを理解したみたいでした。

という、恥をかかせない感じの気配り(ともいえないレベルだけど)をしたおかげで、夫はわたしが好きになってくれたみたいです。

のろけますけど

夫はよく、朝の寝起きのわたしの顔を見て「ネコムちゃんはかわいいなぁ」とデレデレ~とした顔で言ってくれます。

ネコム家のバレンタインは、妻にいろんな有名メーカーのチョコレートを買ってあげる行事です。

毎日マッサージしてくれてます。

そんな感じで、太ってても愛されますので。

わたしの入っていたe-お見合いだと、登録無料なので、雰囲気を見るだけでも試してみてはどうでしょう。

あなたもぜひ、ちょっとだけ勇気を出して、ラブラブな生活を生涯たのしんでください。

では、いい出会いを!