漫画家の技術(絵と話)

アナログで漫画を描く際マジ有能なトレーシングペーパー/A4薄口でOK

アナログで漫画を描く場合、必要な道具で意外と忘れられがちなのがトレーシングペーパーです。

薄くて下が透ける紙です。

鉛筆でも書けるように、少しザラザラしています。

コクヨ トレーシングペーパー 薄口 A4 50枚

文具店でも4~500円で売っています。

使い方を説明していきます。

絵の上からセリフを入れてほしいときに、絵の上からかぶせて位置を指定する

アナログ漫画はセリフの部分はえんぴつ書きです。

そこに漫画編集部が手書きでない文字を入れます。昔の呼び方をそのままに「写植(しゃしょく)」と呼ばれます。

※現代ではPCで文字を入れているので、厳密には「写植」ではありません。が、みなさん通称「写植」と呼んでいます。

絵やトーンの上から「写植」を入れてほしい場合、原稿の上にトレーシングペーパーをかぶせるようにメンディングテープなどで固定し、その上からセリフを書きます。

写真

原稿用紙の全面にかぶせる必要はなく、セリフの入る部分のみでOKです。

投稿用の漫画原稿用紙B4サイズ(ノートを開いたのとおなじ大きさ)です。

部分的にセリフを入れたい場合は、B4サイズすべてにトレーシングペーパーをかぶせる必要はなく、部分的にかければOKです。

B4サイズのトレーシングペーパーは高いので、わたしはふだん使いはA4サイズを使っていました。(どうしても原稿全面にかけたい場合のみB4を使用)

コクヨ トレーシングペーパー 薄口 B4 100枚

文具店で1000円くらいです。大きめの文具店でないと取り扱っていないかもしれません。

暑さは薄口(40g/㎥)がおすすめです。透け度が高いからです。

中厚口(50g/㎥)や厚口(75g/㎥)はマンガ制作用には向きません。厚手のものは包装紙や名刺、グリーディングカードなどに使用するのに向いています。

セリフを入れるほかにもいろいろ原稿で使えるトレーシングペーパー

セリフ入れ以外のトレーシングペーパーの使い方をご紹介します。

カラー原稿のこすれ防止に、トレーシングペーパーを貼って保護する

表紙などがカラーページの際、アナログで描くとこすれて汚れやすいので、保護する目的でトレーシングペーパーで全面をカバーすることがあります。

とくに、パステルや色鉛筆を使った場合は必須です。

カラー原稿自体が汚れるのを防ぐのはもちろん、ほかの原稿へ色移りすることも防げます。

絵を描き直したいときに転写する

下書きが何重にもなってよくわからなくなってしまったとき。

トレーシングペーパーをあてて、清書の線だけをひろって、下描きを消します。

トレーシングペーパーを逆側からまたトレスしてさらに形をととのえ、えんぴつで原稿に転写します。

きれいな下描きができあがります。

絵の練習でひたすらなぞる

絵の練習で、写真をそのままなぞって形を取る練習に使います。

色のグラデーションである写真から、どこを主線に選ぶかの練習によいです。

これ多くやればやるほど上達が早いです。「美術の授業」とか的な観点からは邪道かもしれませんが、編集者やプロ漫画家からはよくおすすめされる練習法です。

ラッピングペーパー・写真撮影の下地に

漫画とは関係ないですが、プレゼントが必要になったときなどにちょっとしたラッピングペーパーに使えます。かろうじてオシャレ感あります。

わざわざ包装紙を買いに行けないときなどに大活躍。

アナログで漫画を描く際マジ有能なトレーシングペーパー/A4薄口でOK:まとめ

  • アナログ原稿で、絵やトーンの上からセリフを入れたいときにはトレーシングペーパーをかける
  • アナログのカラー原稿の保護のために全面にかける
  • 絵の練習や、下描き迷子時などにも使える

以上です。

完全デジタル派でなければ、いつも手元にあるとけっこう便利です!

わたしも漫画ずっと描いてないときも7年くらい途切れずに常備していました。

ご参考になればさいわいです。今回はこれにて!