プロ漫画家になるには

【原稿料】漫画家の収入。月24ページ描けばギリ暮らせる!【印税】

「漫画家として食う」ためには、いったい月にいくら稼げばいいのでしょうか。

つまり、月に何ページの連載がとれれば、専業で食っていけるのでしょうか?

こんにちは。プロ漫画家歴13年のマンガ好き、ネコム(@necom_anarchy)です。

「東京近郊に住む、ひとり暮らしの新人漫画家」との設定で、試算してみました。

……が、いきなりキビシイ数字が出ちゃいました。

「漫画家として食う」ためには、

月24ページ描けばギリ暮らせる!

毎月24ページって、ひとりで背景からトーン仕上げまで描ききれるかな?

微妙なところですね。

新人漫画家が東京近郊ひとり暮らしする場合 ⇒ 手取り月16万は必要

新人漫画家の原稿料は3,000円~8,000円

新人漫画家の原稿料は、一般的に今も8,000円くらいだと思います。

ちなみにこれは、私がデビューした1999年の青年誌でのお値段で、

当時から、アシスタント先の先生などに「”20年前と変わらぬお値段”だねw」

と失笑されていました。

先生がデビューされた(今から計算すると)40年ほど前も、

新人漫画家のころは、8,000円スタートだったそうです。

業界全体として、新人漫画家の原稿料は上がらない見通し

漫画業界は、ずっと前から不況というか、業界としては”下り坂”です。

私のデビューした頃は「ゲームやインターネットに読者が奪われる」と言われていました。

今は「スマホやソシャゲやナントカ村に読者が奪われる」という感じかと思われます。

新人漫画家の原稿料は、残念ながら、下がりこそすれ、

これから上がる流れはおそらく、ないと思っておいたほうがよいでしょう。

業界としてもあがいているところなのでしょうが。(と信じたい)

雑誌・ジャンルによる漫画家の原稿料の違い

多くのジャンル・雑誌では新人漫画家の原稿料は8,000円前後だと聞いています。

私がデビューしてからほかの雑誌にうつる際もそんな感じのようでした。

ただ、某少女漫画雑誌は、デビュー作はページ3,000円、

アンケートで人気がとれて第2作めが掲載されることになったら、

その作品からはページ6,000円。というシステムだと聞いたことがあります。

一般的に少女漫画雑誌は原稿料は安めな傾向にあります。

(描き込みが少なくてもOK、1作品のページ数が多め、単行本になりやすい)

反対に、えってぃなジャンルは気持ち高め、という話も聞いたことがあります。

(描き込みは濃厚でないとダメ、長期連載が成立しない)

読者投稿を漫画化する実話ジャンルやネットコミック、ティーンズラブものなどは

ページ5,000円だったというケースも聞いたことがあります。

(アシスタント先の知人から)

原稿料からは源泉徴収が引かれますよ!

ちなみに漫画家の原稿料からも、源泉徴収が10.21%引かれます

消費税が8%乗せられる場合もありますが、税込みの場合もあります。

編集さんから「消費税はどうしますか?」と訊かれたら、とりあえず「ください」と答えておいてください。

この場合、消費税はあなたは「もらう立場」です。

原稿を雑誌に掲載する権利を「売った」ので、「お店屋さん(個人事業主)」なのです。

デビューした年とその翌年は、「免税事業者」なので、消費税はもらえるだけで、

どこへも支払う義務はありません。また、年間売上が1,000万を超えないうちは、

おなじく免税業者です。

ただ、「そのうち1,000万プレイヤーになるよ!」との気概で、もらっといてください。

そういうの、大事だと思います。

漫画を月24ページ描けば、手取りは17万くらい。

出版社と漫画家の関係は、現在のところ残念ながらかなり「あいまい」です。

契約書を交わすのは単行本化と、インターネット販売の場合くらいです。

具体的に原稿料としてもらえる金額は、振り込まれるまでわからなかったりします。

なので、最初は「原稿料」として提示された額のだいたい9割くらいが手取り、

という感覚でいたほうがいいかもです。

ということで、手取り月16万を得るには、

[8000円×24ページ=19万2000円(月の原稿料)]ー[源泉徴収10.21%]=17万397円

が必要、ということになります。

※23ページでも16万超えになるのですが、漫画作品として24ページが一般的なので。

めんどくさい……親元で漫画家をすればいいのでは?

親元で漫画家生活ができるなら、そのほうがいい。

ごもっともで、それが許される環境なら、そうしたほうがいいです。

ただ田舎で実家ぐらしな場合、日中マンガを描いて引きこもっている人間が親戚、近所からどう言われるのか。

自分が言われるだけじゃなく、親も言われる。親はそれに耐えられるのか。

また、若いうちはいいけれど、結婚適齢期になったら。

30代になったら、40代になったら。

周囲の言うことを気にしないで、ずっとマンガを描いていられますか?

「売れるまで」「新人のうちだけ」ならいいと思います。

いまどきネット環境もありますしね。

でも、ひとり暮らししたほうが、描けるキャラの幅、ひろがりますよ

新人漫画家に「東京近郊でひとり暮らし」を推す理由

新人漫画家は出版社に「呼ばれれば出向ける」距離に住むべし

とくに新人のうちは、急にページ数があいて穴埋めを求められる場合などに、

出版社に直接、行ける距離に住んでいたほうが絶対に有利です。

編集者がピンチのときに直接、顔を見て依頼し、原稿ができたらすぐ届けられる。

また、ちょっとしたページ数のエッセイ漫画や、新人賞募集のイラストなど、

誰に頼んでもさほど変わらない仕事は、わざわざメールや電話で依頼するよりも、

実際に会って打ち合わせをする「ついで」に頼みやすいです。

新人のうちはとくに、編集者と直接、会う回数を増やすことが断然、有利です。

小さな仕事もどんどん受けて、読者さんに覚えてもらいましょう!

漫画家の住居:具体的には中央・総武線沿線がオススメ!

出版社にすぐ行けるところに住んだほうがいい、とはいえ、都心は家賃が高いです。

ちょっと郊外に住んだほうがいいと思います。

出版社は東京都・千代田区のJR中央・総武線「水道橋」駅に集中しています。

「中央・総武線」というのは、西東京から都心への路線が「中央線」、

千葉から都心への路線が「総武線」というのですが、相互に乗り入れしており、

中央線(西東京)――中央・総武線(都心)――総武線(千葉)

という感じになっています。

中央線沿線(西東京方面)より、総武線沿線(千葉方面)のほうが、家賃は安めです。

また、新宿が起点となる小田急線、京王線沿線なども便利です。

私は漫画家時代は総武線の千葉寄り「小岩」駅に住んでいました。

僕だけがいない街』で漫画家志望の主人公が住んでいたあたりでして、

アニメに出てきていた喫茶店で、私もよく編集さんと打ち合わせしていました。

編集さんにすすめられて引っ越したので、ほかに漫画家さんわりと住んでいたかも。

(プライバシーの問題があるので、編集さんは教えてくれませんでしたが)

原稿料として月に16万以上の収入が必要な理由[うちわけ]

家賃:管理費込みで5.5万円までを目安に!

前述のように東京近郊にアパートの部屋を借りるとして、

毎月の家賃が、管理費等込みで男性なら4~4.5万円、女性なら5~5.5万円

このくらいを目安に考えてみてください。

女性が1万高いのは、やはり防犯面のことがあるからです。

いくらジャイアンの妹・ジャイ子(ペンネーム:クリスチーヌ剛田)激似の

マンガっ娘であっても、「女ならなんでもいー」勢ってけっこう大勢います。

実家を離れて誰も知らない土地で暮らすのは、本当、気をつけてください。

固定支出:光熱費、通信費など

で、この家賃に食費・光熱費を足していきます。

食費は、ほぼ自炊する時間はないと思うので、ちょっと多めに月4万円

電気代1万+ガス代5000円+水道5000円+通信費2万=4万円

※電気代は夏場のエアコン使用 & 丸一日PC使いっぱを想定。

※※水道代は自治体によってかなり料金が違う。高めで試算してます。

これだけで12.5万~13.5万になりましたがさらに、雑費が入ります。

意識から飛びがちですが、石鹸、トイレットペーパー、洗剤、掃除用具などの日用品。

薬代。医療費。保険料。

服に無頓着であっても半年に1度、下着や靴下は買い換えるとして、それ代。

とても大事なインプット代。本代、映像作品代、アプリ代、交際費、画材(素材)費。

ちなみに2018年11月現在、アマゾンがaudible(オーディブル)という、「本を読み上げたものを音声で聞ける」サービスの無料キャンペーンをしてます。

初回30日無料で、まる1冊分がダウンロードできます。無料期間の30日それぞれ、1日5分以上聴くと50ポイントがもらえ、最大で1500ポイントGET。

12/12までだそうで、こういうのは貪欲に使ってインプットをふやしてくべきですね。

(無料体験後は月額1500円。いつでも退会できる)

audible(オーディブル)は新刊のほか落語も充実してて、炊事や掃除のあいだに聴くと効率的かと。

落語、ネタに詰まったときのヒントに大いに役に立ちますよ。自分は高校時代に落語大全を読み込んでいました。たんに好きだった、ってのもありますが。

定期的な大きな支出

それに賃貸物件だと、東京圏だと2年に一度、契約更新があります。

その際にかかるのがアパートの更新料。だいたい家賃1ヵ月分を徴収されます。

2年に1度5.5万円かかる=月2,300円かかる。

小さい金額のようですが、これをきちんと使わないで貯めておけるか、は大きい。

あらかじめ払うと決まってるものならまだよくて、突発的な支出もさまざまあります。

たとえば、冠婚葬祭。自分の兄弟が結婚した場合、いくらコミュ障でもなかなか

逃れられません。お祝い金3~5万円(世代によって違う)、スーツ代、交通費。

思いもかけない事故、病気になった場合の医療費。歯の治療。地方税。

あと、急に冷蔵庫が壊れた。洗濯機が動かない。とかもあります。

勤め人はボーナスがありますけど、フリーランスにはないですから……。

これらを考えると、月に最低でも1万円以上は貯金したい

原稿料のほかに、最初に「半年暮らせる分の貯金」を用意しておくべき

漫画家が東京近郊の一人暮らしで、半年暮らせる貯金は約100万! (16万×6ヵ月=96万)

このような心配をとっぱらうため、有効な手段は「あらかじめお金をためておく」です。

お勤めで、あるいはバイトでガーッとお金をためてから、漫画に集中する。

これなら急場でお金が必要になったときも、自分が想定していない支出があっても、

なんとか生き延びていける確率があがります。

でも、働きたくないでござる

私はデビューが25歳でして、2年の仮面浪人中&大学在学中にバイトをして300万貯め、

大学3年までにできる限りの単位をとり、4年時のまる1年を漫画投稿にあてました。

それでもデビューできず会社員になり、でもやっぱりあきらめきれずにまた投稿、

入社して半年くらいで、雑誌の漫画賞に入賞しました。

働きたくないでござる、という目的で「漫画家になりたい」と願った部分も

多分にあったのですが、それに反し働きたくない願いを叶えるために、

めっちゃ働く♥結果になっていました。

でもいいんです、働くのもつらいことばかりじゃない。

PCの扱い方とか、その仕事先で学びましたし。飲食店のバックヤードの様子も知れた。

「イヤなヤツ」の実例もいっぱい見た(笑)

計画的に戦略的に! 印税が出るまで!!

辛気くさい話ばかりして申し訳ありません。

私自身がお金のことをあまり深く考えておらず、知らないこと、無頓着なことが多く、

生活が行き詰まり失敗したので、ついたくさん書いてしまいました。

これから漫画家になるかたはこのような失敗をせず、しっかり”事業計画“! を立てて

目標に邁進してくださいまし。

「半年暮らせる分の貯金」が尽きるまでに、

仕事の効率がグングンあがって、お仕事を増やせますように!

大ヒットして原稿依頼が殺到し、プロアシさんが何人も雇えるようになりますように!

コミックスがすぐに出て、それも重版出来で印税ガッポガッポなりますように!

お祈りしております。

“あなたの”マンガ、ぜひいつかどこかで、読めることを願っております。

以上!!

ヒットメーカー、ジャンプ連載漫画家・樹崎聖による超実践的な漫画指南書。